6月16日、札幌市教育文化会館にて「刑法39条、医療観察法を考えるシンポジウム2019」を開催しました。
賀古最多の120名を越える参加で、木村打表の「基調報告」、北海道大学病院の賀古勇輝先生の「北海道初
の医療観察法の入院病棟の整備について」の特別報告の後、パネルデイスカッション、質疑応答と充実した
論議となりました。(詳細は「ひまわりニュース⑱」参照)