第4回シンポジウム以降の経過、「通達」の評価と課題について論議しました。