保護局の「通達」により被害者の「知る権利」に関する状況が大きく動いたことを受けて
臨時の「ひまわりニュース(臨時号)」を発行し、いち早く会員や関係者にお知らせしました。