今年2月に開催された「白石福祉施設職員刺殺事件2周年シンポジウム」の内容を基本に、法的課題の整理を目的とした少数の専門職によるワーキングチームを立ち上げ、12月15日に山田弁護士との意見交換をおこないました。(意見交換の内容は資料ページからご覧になれます)